サンタクロースアカデミー(大和るんるんクラブ)

サンタクロースアカデミー IN 横浜 

11月20日、私が英一番館へ到着したころには6階のロビーにはサンタさんがたくさんいました。

サンタクロースアカデミーとは東正樹学院長を筆頭に小泉八重子副学長院長、大和るんるんクラブのみなさまなど総勢30名余りが集まり、サンタとしての振る舞い、子供の疑問に向き合い、夢のある回答を学ぶサンタ学講座です。

講座が終われば山下公園、横浜中華街をウォーキング。この日は天気にも恵まれ、たくさんの観光客や地元の方々と触れ合うことができました。途中では結婚式の中のカップルと遭遇するという珍しいことにも出会いました。

とにかく出会う人々皆笑顔で、楽しい時間を共に過ごせたのではないかと思いました。

来年は6回目。参加される方は11月の第3日曜日を空けといてね!と小泉先生。 取材 広報 今関麻子横浜中華街のサンタたち

1月 25, 2017

平成28年度「学びの広場 In REC」

お年寄りと一緒に歌いましょう

 楽しく歌うことは幼児から高齢者の方まで笑顔と元気なれます。ウーロン亭ちゃたろう師はより楽しく歌うためにその曲のもつ意味、物語そして作詞・作曲者の思いを面白しろおかしく話されたので参加者のみなさんは、和やかな雰囲気の中で笑顔で楽しく歌うことが出来ました。少し調子がはずれても、ちょっと編曲してしまっても声を出してみんなで一緒に歌うことの素晴らしさを実感しました。これからのレク活動の中で歌うことの楽しさを伝えていけたらと思います取材 乃美寿美子

人生~楽ありゃ~

人生~楽ありゃ~

電信柱を探そう、サーチウォーク体験
「イヤ~難しすぎるよ~!」「あの5番の問題を何とかして~」が1番でゴールインされた方のお声。お話の内容は、”5番の問題だけが回れなくて時間が来てしまった。悔しい~。全部回りたかったのに~”でした。
 サーチウォークはウォーキングしながら電信柱を探す、という単純な競技。地図を片手に歩くわけですが、途中道迷いをしたりしてうろうろしているとあっという間に制限時間が近づいて、泣く泣く帰路へ、、、となって悔しい思いをすることに。
今回は5名の参加者でしたが、みなさん口々に、「楽しかった~あっという間だったね」。どこにでもある電信柱を探しながらウォーキングをするという発想に、新鮮さとおもしろさを感じてられる様子でした。広報 姉川 護

マンカラ・ブロックヘッド ニューゲーム体験

講師 後藤剛彦氏を迎えて行われました。マンカラとはボードの上にくぼみ6つ横並びに、大きな四角がゴールと対戦する双方に同じだけあります。くぼみにおはじきを4つか3つそれぞれ入れてスタートです。

初体験から玄人並の方まで集まり、ルール説明後いきなり対戦。ゲーム内容は、ベーシック・イージー・カラハと行い、対戦後は双方でどう戦ったかと検討しあう方々もいました。このゲームが世界中、様々な方法で遊ばれてきたという歴史と、今でも続いていると聞いて関心しました。今後も続いていきますようにと思いながら、カラハを購入しました。カラハ、ブロックヘッドの詳細はニュースポーツで検索してください。広報 今関麻子

自分の命は自分で守る(防災・減災教室) 

1029日(土)の防災・減災はレクリエーション活動とどのような関係なのか?疑問と興味一杯で参加しました。講師は愛川町防災ネットワーク代表の山内さんと女性の方です。防災・減災の話は最初の30分間で、「生き残ることの大切さ」を教えて頂きました。東北大地震や熊本大地震など神奈川に居住している方は「他人のごとく」考えがちですが、いざという時の「備え」忘れてはいけません。

その後はグループに分かれて、3.11の時に、実際経験した方の話などを問題カードにしてあり、一人が読み上げます。意思決定をして、参加者は「多数派の意見」を予想して、手持ちのイエス・ノーカードを選び、裏に向けて自分の場に出します。一斉にカードを表にして、多数派でしたら、青い座布団(紙)1枚とりますが、少数派だった場合、青い座布団は貰えませんが、金の座布団が手に入ります。それから考えたことを披露し、討論します。例題1「あなたは会社の課長です。ある日勤務中に震度5弱の地震が起きました。その後全ての公共交通機関が止まり、電話も通じません。あなたは自分の事は後回しにし、部下の安全を優先するか、或いは自分も家族が有り、自分の安全を最優先にするか、意見を述べよ!」さて貴方らなら?(あくまで例題です)参加者の方々は引き付けられていました。  広報 松岡民生

DSC_0386

防災をレク式で考えよう~

 障害をもつ人ももたない人も一緒にできるスポーツ  

 講師は日本体育大学教授 野村一路先生で日本体育大学の学生さんのサポートでそれぞれに楽しい一時を過ごすことが出来ましたので、体験した3種目のスポーツをご紹介させて頂きます。

・車いすバスケットボール

障害者が車いすで行うバスケットボール。障害者スポーツでも花形のスポーツで選手 が車いすに乗り競技する以外は一般のバスケットボールとほぼ同じルールで行われるが唯一異なる点はダブルドリブルのルールがない。1回のドリブルに2回以内のタイヤ操作で3回以上タイヤを漕ぐとトラベリングになる。

・ボッチャ

ヨーロッパで生まれた重度脳性麻痺者、四肢重度機能障害者のために考案されたスポーツ。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールにあてたりしていかに近寄らせるかを競います。ルールほ“ペタンク”と」ほぼ同じ。

・ゴールボール

視覚障碍者のスポーツで、目隠し(=アイシェード)をして鈴入りボールを相手ゴールに入れる対戦型のスポーツです。(1チーム3人)プレイする時は、ラインやボールを目で確認することはできません。そのため、でこぼこになっているラインを手で足で触ったりボールがどこから来るか鈴の音を頼りに身体全体で受け止めます。以上3種目のスポーツを体験して、障害がある無しに関わらず一緒にスポーツすること、また、そういう場を作る事が大事だと痛感しました。取材 波多野啓子

作って遊ぼう

講師 おもちゃコンサルタント・マスター 齋藤照正氏

「かわり屏風」づくりに挑戦しました。「パタパタ」開くと絵が変わります。実は前後で開く手作りおもちゃ、その中でも「かわり屏風」さらに縦横開きもできる4パターンへ変わります。作り方はなるほどですが、そんなにむずかしくはありません。上手に扱えると見る人に、えっ、不思議~と受けてもらえます。レク財で困ったときのパラパラなり、なんてね!他には指ブン・笛・ガリガリトンボなどなど楽しい手作りおもちゃの紹介をサンキューこと斎藤先生が楽しく教えてくださいました。広報 川島裕子

 

 

 

 

 

 

 

 

11月 17, 2016

「健康スポレクひろば」開催

日時:10/30(日)10001200

   11/6(日)10001230

   11/13(日)10001230

 

会場:サニープレイス座間(総合福祉センター)

 

健康スポレクひろばは楽しくて、しかも運動効果の高いスポーツ・レクリエーション活動を紹介する3回講座です。対象は現在、運動習慣がない60代を中心に50代、70代前半の男女、第1回は神奈川県レクリエーション協会会長・座間市市長・日本レクリエーション協会佐藤氏を迎え、開会式が行われ、1回目のテーマ、理由が分かる 加齢にともなうカラダの変調に沿ったプログラムが展開されました。参加された皆さんは熱心に受講され、継続が大切という講師の言葉にうなづいていました。また効果抜群の元気up法を体験され自宅でも即実践できると実感されていました。

次回のテーマは効果がわかる 効果抜群の元気up法として、室内ペタンク・ノルディックウォーキング体験

最終日は体が分かる レク式体力チェックで体力を知ろう!としてレク式体力チェック・ラダーゲッター・しゃべり場など予定されています。

今後も健康づくり事業としてさまざまなイベントを予定しています。

次回はみなさんも参加してみてください。

 

11月 2, 2016

出前イベント(チャレンジフェスタ2016大磯)

5/2(日)大磯運動公園にてチャレンジフェスタ2016大磯が開催された。当協会からは事業委員会(チャレンジゲーム)・加盟団体よりスポーツチャンバラ協会(スポーツチャンバラ)の2ブースにて出前イベントを行った。ニュースポーツを体験するにはすばらしい晴天に恵まれ、どちらのブースもたくさんの人でにぎわいました。特に皿回しは好評で、県レクの名物コーナーになりつつあります。事業委員・スポーツチャンバラのみなさん!ご苦労さまでした。

 

10月 6, 2016

2016かながわスポーツレクリエーション大会

MX-3640FN_20160921_143305_001

2016かながわスポーツレクリエーション大会

9月18日(日)海老名運動公園で“2016かながわスポーツレクリエーション大会”が開催されました。台風16号の影響が懸念されて一部の競技が中止となったりしましたが、それでも24団体のプログラムやイベントが一堂にラインアップされて迫力ある大会となりました。

小雨が降ったり止んだりのあいにくの天候でも、グラウンドでは今回初参加、第一生命さんの女子陸上部の方が指導される”走り方教室“が親子連れの方々で大盛況。その隣では”タッチラグビー“の子供たちの大きな歓声が上がっていました。子供たちには「雨もまた楽し」です。そんななか負けてられずと、年代は一気に上がりますが(笑)”ペタンク“も大勢の方々が競技を楽しまれていました。

屋内のイベントは総合体育館が主役。体育室では”ラダーゲッター”“スポーツ吹き矢”等の競技に我を忘れて熱中になる人。さらに“ダンス”や“民踊”は体育室が人いきれで熱気ムンムンに。また入口では”クラフトコーナー“が人気。親子や友達同士でみなさん真剣に制作に取り組む姿が見られました。

神奈川県レクリエーション協会と海老名市レクリーエーション協会が手を組んで開催した今大会、雨という負の要因はありましたが、楽しめる大会になったと思います。来年も同じく海老名運動公園での開催が予定されています。さらに多くの方々の参加で盛上がりたいものです。

2016-09-18 広報  写真コラージュ・文 姉川 護

 

当日の様子 ↓写真は広報 田澤正彦

9月 21, 2016

2016レクスクール閉講式

日時:9/3(土)

会場:秩父宮記念体育館

H28年度 県レクスクール閉講式にあたって!

理事・指導者養成委員長 土 屋  勝

「あ々、やっと終わった」という思いと「あっという間に、終わってしまった」という感覚が入り混じった県レクスクールであった。受講生は、8名の女性で、5月末から9月初の期間に、9回開講のロングランであった。終わって見れば、仲間として受け入れるのに充分な人達であったと安堵している。自分達の持ち場での活躍を期待すると共に、県レクの各種イベントにも顔を出してくれる存在であって欲しいと、願っている。スコーレの読者の皆様も心地良い受入れを、お願いいたします。最後に受講生の皆様、担当講師、更には、スタッフの方々のご協力に、大いに感謝いたしております。

9月 21, 2016

寒川スポーツレクリエーション大会

9月4日(日)寒川町レクリエーションフェスティバルが開催される

9月4日(日)に寒川町営総合体育館及び運動場で寒川町レクリエーションフェスティバルが、雨も上がり盛大に開催されました。県レク事業委員会からは「ニュースポツ」紹介で3種目(皿回し、ラダーゲッター、ネットパスラリー)を実施しました。午前10時から午後2時の間に寒川町民の方々延べ約120名が参加してくれました。皆さんからは「楽しいスポーツ」ですねと評価を頂きましたが、特に「皿回し」に人気が集中し、皿回しを完全にマスターしたお子さんが母親に「これ欲しい」とおねだりしていました。広報担当 松岡民生

9月 4, 2016

平成28年度教員免許状更新講習会

8月22日(月)~24日(水)の3日間に渡り、当協会の岸正晴 副会長・井上桂 副理事長・土屋勝 指導者養成委員長が講師を務め、教員免許状更新講習会(会場:川崎マリエン)が開催されました。様々な学校から多くの教員が集まり、レクリエーション(以下、レク)の意義について理解を深めながら、ゲームを多数体験していただきました。最初は緊張した面持ちでしたが、アイスブレーキングを通じて自然と会話が生まれるような雰囲気になっていました。これぞレクの“力”ですね。単なる遊びとしてではなく、レクの持つ様々な可能性を実感していただけたのではないでしょうか。今後、それぞれの現場でこどもたちの教育に活用されることを願っています。広報 石川智

8月 31, 2016

チャレンジ・ザ・ゲーム2016INかながわ

平成28年6月25日(土)曇り(蒸し暑い一日だった)   

梅雨空を跳ね返す華やいだ歓声がスポーツ会館に響いたチャレンジ・ザ・ゲーム2016インかながわ

の体験会で、参加した方々に一声いただきました。

 いろいろな用具を使い、小さな子どもから高齢者、障害者もアレンジすることで楽しめるのが分かり、これからの仕事にも生かせそうですとか、運動嫌いの子どもが遊びながら体力をつけられると云われているが、運動が遊びに、遊びが運動になり、知らないうちに体力・集中力・瞬発力等がつくのがチャレンジ・ザ・ゲームの良いところですと指導員が説明をしていました。

チャレンジ・ザ・ゲームはチームで対戦して記録用紙に記録・名前・主審・副審を記入し、日本レクリエーション協会に報告して好記録だと「レクルー」に載りますので皆さんも挑戦してみてはいかがですか

文 広報 青木美枝子

写真 広報 今関麻子

6月29日チャレンジ・ザ・ゲームにてたくさんの競技が行われましたが、その一部の様子を紹介致します。

この日の午後には、ゴム・ダンス”ステっぴょん”、むかでタイムレース・10の二種目が行われました。

ゴム・ダンス”ステっぴょん”は、足さばきが物を言うようです。いかに速くゴムを跨ぎ、足にかけるかがコツのようで、見ただけで飛べたり、足にゴムがからまったりと様々でした。記録中は皆真剣に数え

、諦めることなくチャレンジされていました。

むかでタイムレース・10では、息の合った掛け声が印象的でした。曲がり角でスピードを落とさず、みんなで進むのはなかなか至難の技⁈

転んでも、笑顔見え楽しまれたようです。

初参加の方が多い中、1日を通していつの間にか運動をしてた!なんて気付いたのではないでしょうか。

チャレンジ・ザ・ゲームは、まだまだたくさんの種目があります。興味のある方は是非、調べてみてください!文 広報 今関麻子

 

 

7月 6, 2016

2016レクスクール開講

529()かながわレクスクールの開講式が行われ、橘高理事長、土屋委員長の挨拶から始まりました。

8名の受講生は皆女性です。第1回目とあり緊張した面持ちでしたが、時折挟まれるゲームに笑顔が垣間見えました。

また、レクスクール内では公開講座も行っており、全8回午後のみ受けれます。受講料は1000円です。まだまだ募集中ですので、この機会にぜひご参加下さい。  広報 今関麻子

6月 3, 2016